国内観光スポットにおける通訳の重要性とは

近年になって、国内の主要な観光地にも外国人の姿が目立つ様になってきました。
特にここ数年は円安の傾向が強まり、強い外貨を活かして多くの外国人がツアーを組んで、国内各地の観光スポットを巡る様になってきているのです。
これまでは外国人観光客に対する対応が効果的となっていなかった自治体や各スポットでも、意識して外国人向けのツアーを提案したり、関連の商店や飲食店のPRを行う様になってきています。
ただこれには言葉の壁というものが常に存在し、それが原因となって上手くいっていなかった部分があった事も事実です。
今ではこうした反省も活かし、各自治体の関連部署や旅行代理店、現地商店街や各スポット案内においても、外国語パネルや看板の設置、また外国語でのアナウンスを行う様になりました。
また同時に通訳を導入しその対応に当たる様になりました。
特に現地ツアーにおいて同行する通訳は、日本語の不便な外国人にとってまさに心の拠り所ともなっているのです。

観光の目的で通訳を厳選しなければなりません

海外に出かけるにあたって言葉の問題は大きな障害になります。
楽しいはずの海外旅行が言葉が通じないために、単に見るだけのものになってしまっては勿体ないことになります。
また、海外はどこでも英語が話せれば良いかといえば、そうでもありません。
フランスに行けばフランス語は話せなくても、英語が分かれば大丈夫だと思うのも誤まりです。
国民性があり、英語が分かってもフランス語しか話さない人もいるのです。
通訳は目的によって人選が大切で、海外旅行をより楽しいものにしようと思えば、観光ガイドの通訳を頼むことです。
また、観光の目的によっても人選が必要になり、例えば美術館巡りがメーンの旅行であれば、美術の歴史に詳しい人でなければ全く意味がありません。
また、人選にあたっては男女・年齢も考慮する必要があるでしょう。
言葉を訳してもらうには、訳する人のボキャブラリーの範囲が必要になります。
直訳では聞いていても何も楽しくありません。

pickup


梱包 代行


2020/6/5 更新

『通訳 観光』 最新ツイート